0561-56-2260
facebook

庭禾 ✖ 松本珈琲工房 「コーヒーを楽しむためのコーヒー教室&ランチ」2日目

2019/04/20 | カテゴリー: 珈琲教室

先日、庭禾さんで開催されたイベントの2日目です。庭禾さんのイベントがあるごとに参加をされている方や、ご主人もコーヒーが好きできちんと美味しい珈琲が入れられるように、とご参加頂いた方など、皆さん、コーヒー好きな方々にお集まり頂きました。先日もそうでしたが、居心地の良い空間で入れる珈琲はさらに美味しさがUPします。庭禾さんの作られるランチと一緒に頂く珈琲は格別です。至福のひと時を堪能させて頂きました。ありがとうございました。IMG_5220IMG_5215IMG_5242IMG_5231IMG_5230

庭禾 ✖ 松本珈琲工房 「コーヒーを楽しむためのコーヒー教室&ランチ」

2019/04/18 | カテゴリー: 珈琲教室

本日は瀬戸にある「庭禾」さんにて「出張・おいしい!珈琲教室」です。「コーヒーを楽しむためのコーヒー教室&ランチ」と題して、庭禾さんのオーガニックランチと共に美味しい珈琲を楽しんで頂きました。瀬戸の街から少し山の方に上がったところに庭禾さんのお店はあります。自然に囲まれたロケーションは素晴らしく、とても趣のある家屋です。美味しい珈琲の背景や魅力をお伝えしながらドリップ実技講座を行いました。後半は庭禾さんのランチとデザートと合わせて、全部で4種類の珈琲を楽しんで頂きました。庭禾さんのお料理は、やはりお人柄の通り優しい味わいです。とても充実の幸せな時間を皆さんと味わうことが出来ました。ありがとうございました。※4月20日(土)も開催します!奮ってご参加お申込み下さい。(お申込みは「庭禾」さんまで)

IMG_5173 (2)IMG_5195 (2)IMG_5198IMG_5200IMG_5202

カフェドリップ演習 / テナント調査

2019/02/26 | カテゴリー: その他珈琲教室

午前中は、名東区にある「café Sabu Hiro」のスタッフをお招きしてドリップ演習を行いました。スタッフの皆さんにはより美味しい珈琲を入れるために、これまでにも何度かセミナーを受けて頂いています。私もすでに皆さんの性格が分かっています!?ので、個人的にご指導し易い状況です!各個人のドリップ技術を高め、スタッフ間で同じ方向性を持って香味を出していくことが狙いです。皆さんで同時にドリップをしながらミラー効果も図ります。それぞれの課題を随時確認しながら、一歩一歩ステップアップしていきました。スタッフ一同ドリップに対する心構えはとても前向きで、いつもこちらも身が引き締まる思いです。大変お疲れ様でした。

IMG_5014 (2)

午後からは、5月にカフェをオープン予定の方のテナント改修のための現地調査です。オーナー、デザインの方、工務店さんと一緒に現場をチェックしました。最寄駅から徒歩5分程度、住宅街に向かう途中にあります。近くには、個人店舗のほか、コンビニ、スーパー、公園、といった身近に利用される環境が揃っています。街路樹として桜の木が店舗前にあり、春には満開の桜が楽しめそうです。美味しい珈琲もより美味しく頂けそうです。

IMG_5034 (2)

テナント確認・「おいしい!珈琲教室 1day lesson」

2019/01/29 | カテゴリー: その他珈琲教室

お休みの今日は朝一番でテナントを確認に行きました。この春にカフェをオープンする予定の方の物件です。半年ほど探されていましたが、ようやく良いところが見つかりました。立地は最寄り駅に近く徒歩5分。周辺には住宅地が広がり近くには緑の公園もあります。行き交う人も多く、この街道沿いには色々なお店が並びます。使い勝手の良さそうな場所ですのでこれからが楽しみですね。

IMG_4999 (3)

その後はお店に戻り、「おいしい!珈琲教室 1day lesson」を行いました。以前からご依頼があり、現在カフェをされているスタッフ4名でご参加頂きました。皆さんカフェで美味しい珈琲をいれたい、と座学、ドリップ実習、カッピングによる香味の味方を学んで頂きました。豆を知って美味しくいれましょう!お疲れ様でした。

IMG_5001 (2)

休日の「おいしい!珈琲教室」

2019/01/15 | カテゴリー: 珈琲教室

お休みの今日は、お世話になっているカフェの店長さんからのご依頼でドリップ演習を行いました。スタッフの皆さんも参加されて個人個人のレベルUPを図ります。これまでにも何度かお越し頂いたり、カフェにお邪魔してドリップの演習を行ってきました。今回は店長さんをはじめスタッフの皆さんの技術面での差を揃えていくと同時に、ドリップに対する考え方や捉え方を共有していきます。いよいよドリップの基本から応用に入ります。特にドリップの仕方と味の出方をリンクさせていくことに注力しました。皆さんが同じことを同時に行うことによって得られることの大きさを実感していきました。今後は良い意味で周りに影響されずにドリップできるように、ですね。美味しい珈琲を入れるために頑張っていきましょう。お疲れ様でした。

IMG_4988 (2)